いまの時期って本当に過ごしやすいですよね。夏の暑い時期がようやく終わり、涼しくなって過ごしやすく、秋を感じれる時期・・・なんて悠長に過ごしていたらもう冬があっというまにきますもんね。朝なんか特に雨の日なんて寒いですよね。この前まで半袖だったのにって。

そんなとき、天気予報などでよく耳にする秋雨前線って結局何なんだ??梅雨前線との違いは??その前線達はいつからいつの時期に日本列島に停滞しているんだ??

と思い、今回は秋雨前線と梅雨前線との違いについて調べてみました。

スポンサードリンク

秋雨前線とは?

秋雨前線とは、8月後半から10月前半まで雨が長く降りつづける事を言います。呼び方としては、秋の長雨秋霖(しゅうりん)とも呼ぶらしいです。

日本列島を熱くしていた太平洋高気圧が徐々に南下していき、冷たい高気圧のオホーツク海高気圧が日本海付近に現れ、ここで高気圧同士がぶつかり、互いに押し合いっこのおしくらまんじゅうを始めます。もう高気圧の縄張り争いですね。日本列島という縄張りをかけて、毎年この時期に競いあうんです。これがよく天気予報のお姉さんが言っている、大気が不安定な状況ですってやつですね。

南に行ったり北に行ったりして長く日本列島に滞在する前線、これを秋雨前線というんですね。10月中旬以降になると、太平洋高気圧の勢力は弱まり、オホーツク海高気圧の勢力が強くなるので、気温も朝晩急に冷え込みだしたり、雨が冷たく感じます。この時期に、夏場の疲れがどっと来て、気温が急激に変化するため、体が慣れていないのでよく風邪を引いてしまいますよね。私なんかは、ようやく夏場を乗り切ったら、涼しいのが嬉しくて、ついつい寒くても半袖で過ごしたりします。まあ体調崩しやすいので、注意はしているんですけどね。

秋雨前線と梅雨前線の違いは?

梅雨前線は皆さんよくご存じの梅雨をもたらす前線のことですよね。暖気と寒気がぶつかり大気が不安定になるという点では、秋雨前線と同じです。大きな違いを挙げれば時期ですね。梅雨前線は5月~6月に対して、秋雨前線は先述したとおり9月から11月前半までです。

あと梅雨前線は梅雨入り梅雨明けという言葉がありますが、秋雨前線はそういったいつからいつまでという線引きはありませんよね。梅雨はひどいときには1週間ずっと雨が降ることもありますし、晴れの日が少ないイメージですよね。それに比べて、秋雨前線はずっと降り続かないことが多いが、大雨や台風といった一瞬の力強さがあります。

分かりやすくいえば、梅雨前線はボディーブローのようにジワジワと攻撃し、秋雨前線は手数は少ないが一発のダメージが大きいといえるかもしれませんね。

みなさんも、この時期の体調管理には十分注意して、食欲の秋をしっかり楽しみましょう!