皆さんこんばんは!管理人です。

11月に突入し、今年1年も残りあと2か月となりましたね。

1年ってあっとゆうまですよねほんと。

さてみなさん、日本の国民の祝日はいくつあるかご存知ですか?

実は世界でも多い方に分類されるんです。その数なんと15日。約2週間もあるんですよ。結構多いですよね。なんかイメージとしては、もっと祝日があればなあって思うのは、私だけではないと思います。

今日はその中の一つである、文化の日をフューチャーしたいと思います。

スポンサードリンク

文化の日とは?

文化の日は11月3日なのは皆さんご存知ですよね。じゃあなぜ11月3日なのか。それは1946年11月3日に日本国憲法が新しく公布された日なんです。

この日本国憲法は小学校くらいで社会でよく勉強した、平和主義、国民主権、基本的人権の尊重を定めた憲法なのは有名な話ですよね。

そういったことから11月3日を「自由と平和を愛し、文化をすすめる日」として、文化の日という国民の祝日に定めたというわけです。

また、11月3日は明治天皇の誕生日でもあったんですね。ですんで、文化の日になる前、戦前は明治節とよばれていたそうなんです。

要するに11月3日は文化の日になる前の戦前からも、国民の祝い日として認識されていたということですね。

文化の日のイベント

一番有名な国民的イベントは、皇居で執り行われる文化勲章の授与式です。日本の技術、文化の発展に著しく貢献した人物に贈られる賞で、毎年ニュースなどで目にはしますね。

文化勲章が制定されたのは、1937年からだそうなので、とても歴史ある勲章ですよね。まあ、私には縁がないですねー完全に。

近年では、世界的建築家の安藤忠雄さんや世界的指揮者の小澤さんが受賞していますね。

地方では、美術館や博物館などが無料開放されたりしていますね。学校関係では学園祭、文化祭なども、この11月3日の文化の日に合わせて行われることが多いですね。そういえば、私も高校生のときの文化祭は、いつも11月3日だったような記憶があります。

余談ですが、文化の日を英語で言うと、Culture Day カルチャーデイです。ほんと余談です。

私の文章では、分かりにくいという方のために文化の日を分かりやすく解説している動画をご紹介しておきますので、よかったら見てみて下さい。