皆さんこんばんは!

いやー寒波襲来で、今年は暖冬らしいですよっていう記事をつい最近書いた私は、大変複雑な思いで寒さをしのいでいる毎日です。

えー今日はですね、最近私が注目した記事について紹介したいと思います。

「栄養士が自分は絶対買わない食品」というタイトルのネット記事を見つけて、思わずクリックしちゃいました。

私も結構、健康食品には目がないので、知らず知らずに健康に悪い食品を食べてたら嫌だなって思ったんですよね。

というわけで、栄養士が自分は絶対買わない食品をシェアしたいと思います。

スポンサードリンク

栄養士が自分では絶対に買わない食品とは??

1:加工肉

これには結構ビックリしました。

なぜかって、私結構食べてますもん・・・

加工肉っていうのは、ソーセージやベーコンなどのことです。

かなり身近で手軽に食べている食品ですよね。

この加工肉をなぜ栄養士は買わないのかというと、添加剤や防腐剤がめちゃくちゃ入っているからなんです。

また塩分や健康には良くない脂肪分も豊富に含まれているということで、アメリカでは栄養士が薦めない食品の代表的なものになっているようです。

シャウエッセンのソーセージとかめちゃうまいんで、正直しょっちゅう食べてます。

まあ、食べ過ぎなければ大丈夫とのことですので、偏った食べ方には注意が必要なようですよ。

ダイエットする方には、まず控えて頂きた食品ですね。

2:カラフルなお菓子

まあこれは何となく分かりますよね。

食品着色料と砂糖が多く含まれていて、肥満の原因にもなるためすでにアメリカでは栄養士が食べない食品としてポピュラーなようです。

太っている子供は、キャンディーなど大概カラフルなお菓子を良く食べる習慣があると言われているので、ご家庭でお子さんが太っていてお困りの場合は、まずはカラフルなお菓子を制限してみてはいかがでしょうか。

3:市販のトマトソース

これもパスタを良く食べる方はよく買って食べていませんか?

私はよく食べています・・・

トマトソースにはナトリウムや甘味料、砂糖が多く使われていて、これも肥満の原因になるものがいっぱい詰まっている食品といえそうです。

4:冷凍食品

これはかなりの方が、よく買っている食品かと思います。

特にお弁当にはこの冷凍食品がおかずにピッタリですよね。

冷凍食品も栄養士は絶対買わない食品だそうです。

冷凍食品は塩分や糖分、添加物、香料が含まれていることが多く、健康的ではない食品の代表だそうです。

冷凍食品は調理する時間がないときや面倒だなっていうときに、よく購入しますよね。

スーパーに置いてある食品でも、健康にあまり良い影響を与えない食品は結構あるのが分かります。

栄養士が自分では買わない4つの食品はいかがでしたでしょうか?

やはり栄養学を学んだプロから言わせると、健康のことを真剣に考えるのであれば知識として必要ですよというメッセージのような気がしますね。

ソーセージ控えよー