フラット35とは簡単に言うと長期固定金利の住宅ローンです。

住宅金融支援機構が民間金融機関と提携して提供する住宅ローンで、銀行や住宅ローン会社などから借りられます。

フラット35はここ最近よく聞くワードですが、以前は「証券化ローン、公庫買取型ローン、新型住宅ローン」などの名称で呼ばれていたそうです。私は恥ずかしながら全く知りませんでしたが…

スポンサードリンク

フラット35の特徴は、固定金利型で返済期間が最長35年と長いところです。そして新築住宅だけではなく、中古住宅の購入時にも利用できるんです

フラット35のメリット

  • 最長で35年間の固定金利で、景気の影響から金利が変動することはないため安心感がありますね。
  • 長期固定ローンとしてはかなりの低金利といえます。主力商品の返済期間21年~35年間の適用金利を見ると、最低金利が1.7%と過去最低水準になっています。
  • 保証料が0円。銀行の一般的なじゅうたくローンの場合は、借入時に融資額の約0.2%の保証料を支払わなければなりません。
  • 最高8,000万円まで借入が可能。
  • 保証人が不要。これは案外大きいことかも。
  • 繰上返済手数料が不要です。銀行の住宅ローンの場合は、繰上返済すると手数料がかかってきます。

フラット35のデメリット

  • 金利が固定のため、この先金利がもっと低くなった時には割高になってしう。メリットデメリットは表裏一体といえますね。
  • 借入までに審査などがあるため、2週間~1か月程度時間がかかってしまう。
  • 金利は融資が実行とされるときの金利となるため、借入時点では金利を確定できない。
  • 8,000万円までしか借入できない。私は十分な上限だとは思いますが…
  • 所得によって融資額が制限される。所得が低ければ、融資額も低くなるということです。

 

これらのメリット・デメリットを簡単に紹介しました。

金融機関によっては、自前の独自商品よりも利益の少ないフラット35をあまり勧めてこないケースもありますので、しっかりと自分でメリット・デメリットを理解して、金融機関等に問い合わせてみて下さい。