いよいよ今年も残すところあとわずかになってきましたね。

クリスマスや忘年会シーズン真っ只中の時期ですが、そろそろ仕事納めの方も多いんではないでしょうか。

仕事納めの日は、納会もあるところはあって、仕事が少し早く終わったりで、いよいよ正月休みに入れるっていう実感がわいてきますよね。

その年最後の仕事に日を一般的には仕事納めっていいますよね?少なくとも私はそう解釈していました。

実は仕事納め以外に御用納めという言葉があるのをご存知でしょうか?

今日は、御用納めとは?仕事納めとの違いは何かを簡単に紹介したいと思います。

スポンサードリンク

御用納めとは?

まず御用という言葉ですが、幕府などの用命や公務のことを意味します。

よく時代劇で、「御用だ、御用だ!」って言ってるの一度は聞いたことありますよね。

よって今でも、行政機関などに勤めている人は年内最後の仕事日を御用納めと呼ぶんです。

行政機関とは、国や地方公共団体の機関を言います。公務員ってやつですね。

しかし最近のニュースなどでは、官公庁でも御用納めではなく仕事納めと呼んでいたりするようです。

御用納めの日は法律によって決まっている

官公庁では法律によって12月29日~1月3日までを休日と定めています。

したがって御用納めの日は12月28日になります。

12月28日が土日の場合は27日か26日になります。

仕事納めは民間企業

官公庁の御用納めに対して、民間企業の場合は仕事納めと言います。

仕事納めについても、官公庁にならって大体12月28日が多いようです。

しかし業種によっては年末年始が書き入れ時で、仕事納めなんて無縁だという会社もあるでしょう。

ちなみに証券会社は年内最後の業務日を「大納会」と呼ぶようです。

まとめ

今回のタイトルでもあります、御用納めと仕事納めの違いは、御用納めは法律で休日が定められていることから、日にちが規定されるのに対して、仕事納めは会社や業種によって、あるorなしのケースや、日にちが規定されないという点が異なるところですね。