皆さん、いま自分の加入している保険の保障内容について、理解していますか?

私は全く自分の保険の保障内容について忘れていた、正確にいうと理解していませんでした。いやーお恥ずかしい話です。毎月2万円近く払っているのに、中身を分かっていない。お金持ちならまだしも、庶民には痛い出費です。

そこで最近よくCMや町中で見かける、保険の見直し屋さんに行ってきました。いまは結構な数の保険見直し屋さんがありますよね。ここは無料で相談に乗ってくれるFP(フィナンシャルプランナー)の方が常駐しています。

スポンサードリンク

 

まずは現在加入中の保険の理解と将来の人生設計

そこでまずすることが、今の自分が加入している保険の保障内容と、月々の掛け金についておさらいします。

そこで衝撃の事実が分かりました。私は某大手の保険に入っていて、入ったきっかけは母親の知り合いのおばちゃんに勧誘されて、よく中身も分からぬまま入っていたんですよね。

私の入っている保険は一般的な医療保険、生命保険を一括りにした保険で、月々2万円近く払っていて、なんと保証期間は60歳まででした。

特に医療保険で本当に保証が必要になってくるのは60歳以上ですよね。60歳から保険を継続するには、更新という形をとって、べらぼうに高い保険料になることが分かったんです。

ちなみに40歳で一回目の更新があり、ここで保険料はまずいまの倍になります。高すぎですよね。

おさらいをしたあとは、将来の人生設計についてFPの方がしてくれて、本当に必要な保険について色々とこちらの意見を聞きながら提案してもらいます。

そして保険は各社の良いとこどりの保険にするのが、一番良いやり方っていうのを教えてもらったんです。

要するにがん保険はここの会社が出している商品が私にとってはベストとか、生命保険はあまり知られていないここの会社のが実はとても良いんですっていう具合です。

次は具体的に私が見直した保険について紹介します。

生命保険

つまり収入保障です。生命保険は掛け捨てをお勧めします。貯蓄タイプの場合は、保障内容が薄くなります。掛け捨てと同程度の保障内容を求めると保険料が高くなるので現実的ではありません。

収入保障という保険の意味は、自分に不幸があって残された家族に生活していくためのお金を残すことです。

私は60歳まで毎月12万円出る保障にしました。12万円で足りるの?って思うかもしれませんが、遺族年金という制度があります。

それら民間以外の国に補償を計算に入れたら、毎月12万円で事足りるという結論に至ったからです。これは、個人差があると思いますので、ここでは全て民間保険で賄わなくても、国からの保障もあるんだということだけ、理解してください。

さらになぜ60歳までかというと、下の子供が22歳になるまで保障を残したいからです。一番お金が必要な期間は、子供が社会に出るまでで、そのあとは妻に少し残してあげるのと、葬式代で良いと思うからです。要するに右肩下がりの保険です。

私が今まで入っていた保険は、60歳で亡くなった場合でも4千万円ほど出る保険でした。こんなにいらないですよね?妻は喜ぶかもしれませんが。。。

この辺りの話は、人生設計、つまり各家庭環境において保障の内容は異なってくるので、一度FPの方に相談すると分かりやすく説明してくれると思いますよ。

医療保険

病気やけがで入院手術した場合の保険です。医療保険も掛け捨てをお勧めします。そして重要なのは、保証期間は終身を必ず選んでください。

60歳まで、70歳までという保険だと必ず更新がついて回り、70歳で気づいたときにはもうどうしようもありません。年金生活で、高い保険料は払えませんからね。

終身保険で保険料は上がらないタイプのものを私はお勧めします。

気になる保障内容ですが、私の個人的な意見ですが入院保障は1日5,000円で、手術給付金は15~20万円のもので十分だと思います。

そんなに少なくて良いの?と思うかもしれませんが、高額医療保障制度という制度を利用すれば、月にどれだけかかっても医療費の自己負担額は9万円弱で済むんです。

この制度はなかなか知られていないのが実状です。計算すると1日3,000円程度あれば医療費に関して言えば事足りるということです。ただ、ベッド差額代金や食費などは別途となるため、足らずは自己負担となります。

ここは考えようですが、確率論でいうと70歳未満で長期間入院する確率は低いですよね、となれば保険屋が儲かる保険にわざわざお金をつぎ込むよりは貯金に回したほうが得策ではと思います。あくまで個人的な意見ですが。

がん保険

がん保険も、がん保険ならこの会社の商品が良いっていうのが実際あります。がん保険も保証期間は終身が良いかと思います。

また特約といって、一度がんになったらもう保険はかけなくても、一生涯保障が続くというものがあります。商品によっては、掛け金がさほどかわらないものもあるので、要チェックしてみて下さい。

保険を見直した結果

なんと毎月1万円の節約に成功しました。ただ保険をケチっただけではなく、保障内容は無駄なものは省いて、必要なものはしっかり保障するというたくましい保険に生まれ変わりました。毎月1万円でも、塵も積もれば山となるです。

私が実際に活用した無料相談を紹介してます。まず無料っていうのが安心です。強引な勧誘も、してはいけないことになっているのでその点も安心です。



大切なのは、自分のいま加入している保険の内容を十分に理解し、そのうえで自分にあった保険かどうかを判断することです。長くなりましたが、参考にして頂けたら幸いです。