皆さんこんにちは!管理人です。

ついに今年、長野~金沢間が開業する北陸新幹線について、今日は書いていきたいと思います。

北陸新幹線は現在、東京~長野間を結んでいますが、今後大阪までつながる予定となっているんです。

ちなみに予定としては、平成37年度に大阪まで開業する予定だそうです。

今回特集している、北陸新幹線の長野~金沢間が開業予定なのは平成27年3月14日開業予定となっています。

スポンサードリンク

金沢県民待望の新幹線開通!

ついに北陸の都、金沢にも新幹線が開通することになりましたねー。

実はわたし先日、金沢の友人の結婚式に招待されまして、大阪からブルーバード(?)という特急列車で向かったのですが、3時間近くかかり、金沢って遠いなあと感じました。

その金沢の友人曰く、これで東京までかなり楽に行けると喜んでいました。

あとは金沢~敦賀~大阪が開通したら、もっと観光客も増えるし、金沢の活性化につながると期待する声が大きいとのことです。

北陸新幹線の意義

東日本大震災から今年で4年が経ちます。

ライフラインや道路などが遮断され孤立する被災地もありました。

そこで東海地震などが危惧されている昨今、東海道新幹線の代替ルートとしての複数ルートの意義が北陸新幹線にはあります。

仮に東海道新幹線がストップしてしまっても、北陸新幹線があれば、関東、関西を結ぶラインに不安はありませんよね。

時間短縮に大きく貢献

金沢開業後は、現行の鉄道で金沢~東京間は約3時間50分かかりますが、北陸新幹線を利用した場合、約2時間30分で行けるようになり、およそ1時間20分の時間短縮につながります。

敦賀開業後は、現行の鉄道で金沢~大阪間は約2時間30分かかりますが、北陸新幹線を利用した場合、約2時間00分で行けるようになり、およそ30分の時間短縮につながります。

北陸新幹線のルートや停車駅

北陸新幹線には4タイプの新幹線があり、金沢~東京間は『かがやき』です。

外装も速そうでかっこいいですよー!

停車駅は、金沢ー富山ー長野ー大宮ー上野ー東京となっています。

詳しく紹介しているサイトがありますので、紹介しておきますね。

http://www.pref.ishikawa.jp/shink/hokuriku-shinkansen/about.html

金沢~敦賀間はまだ停車駅など正式に決定していないようです。

停車駅を決めるのもなかなか難しいですよねー。

それで立ち寄ってくれるかどうかが決まっちゃうし、本当大きいことですね。