今日は私が三か月で腹筋を割った方法についてご紹介しようと思います。

あくまで一つの参考ですのでその点はご了承ください。

ちなみに私はプチメタボで、腹筋は当初30回が限界でしたが、いまはシックスパックを手に入れました!

最近、健康ブームに火が点いていて、結構健康志向な方が増えてきたと実感しています。

そのブームにあやかって様々な健康グッズが世の中に出回っていますよね。

特に腹筋はみんな共通に鍛えたい、お腹をへこませたいという思いがあるので、腹筋をターゲットにした健康アイテムは沢山あります。

最近有名なのはワンダーコアで他にはアブトロニクスといって電磁波でプルプル震わせてお腹に刺激を与えるのもあります。

しかし、私はあえてアイテムに頼らないやり方をお勧めしていきたいと思います。

スポンサードリンク

腹筋を割る効果的なトレーニング方法

まず腹筋のやり方ですが、どんなやり方でもいいので100回は最低やりましょう。

効果のある腹筋の方法をご紹介します。参考になりますよ!

腹筋は実は誰もがみな元々持っている筋肉なんです。

ただお腹のお肉ちゃんで隠れているだけなんです。

正直、痩せている人は何もしなくても腹筋が割れているように見えます。

なので、食生活を見直すことも必要です。まずは夜18時以降の食事は止めましょう。

これはかなり効果があります。正直、一日100回腹筋して、18時以降何も食べない生活をするだけで腹筋は大概の人は割れます。

食事ですが、なるべく腹筋を育てるタンパク質を多めに取るように心掛けましょう。

肉ではササミ胸肉は低脂肪で高タンパクですのでお勧めです。

太っているなと、お腹周りのお肉ちゃんが気になるという方は、まず腹筋を100回毎日するのはしんどいと思うので、50回を目標にやりましょう。

まずは脂肪を落とす事が先決です。

さきほど言った18時以降は食事をしないという方法をしっかり守って、腹筋や軽度のランニングをしていれば、脂肪は落ちていきます。

脂肪を落としたころには、腹筋50回では物足りなくなっている頃でしょう。

腹筋を割るには懸垂も効果的!

私は腹筋の他にも、通勤途中の公園や、自宅近くの公園で懸垂をよくします。

懸垂をする時、軸がぶれると負担がかかるので、必ず体をあまり揺れないようにお腹に力を入れます。

これがかなり腹筋や背筋などの体幹を鍛えていることになっているんです。

懸垂は上腕や広背筋だけでなく、腹筋も鍛えれるので一石二鳥です!

私は懸垂もお勧めします!回数は自分が出来る限界までチャレンジしてみて下さい。

それを一日置きくらいに、やっているとどんどん回数も伸びておもしろくなりますよ!