不眠症でお悩みの方って結構いると思うんですよね。

実は私も極度の不眠症でした。不眠症の方には分かると思うんですが、布団にはいって何時間も経過しても寝れなくて、本当にストレスだけたまる感覚・・・

朝起きても全然疲れがとれていなくて、仕事に行ったら眠たくなるという悪循環。

私はなんとかこの不眠症を改善したく、色々な方法を試してみて、自分にあった方法を試行錯誤繰り返し見つけました。

そこで、今日は私が色々試した中で、効果のあると思われる方法について紹介していきたいと思います。その前に不眠症の原因について、考えてみましょう。

スポンサードリンク

不眠症の原因

・心理的要因

過度のストレスや精神的に不安な状態など。不眠症は自律神経に大きく関係しています。

・身体的原因

じんましんなどがあると痒くて寝れなかったり、起きたりしますよね。

また私は該当するんですが、花粉症や鼻炎で鼻がつまって呼吸がしずらく寝つきが悪い場合。他にも喘息なども身体的原因のひとつですね。

・薬理学的要因

服用している薬の影響、コーヒーなどに含まれるカフェインの多量摂取、アルコール摂取などが、眠りを妨げている原因の場合もあります。

アルコールなどは、一見眠りにつくのを助けるように思いますが、眠りが浅くなりがちです。トイレにもよく夜中いってしまいますよね。

ですので、アルコールは深い眠りを妨げている場合もよくあります。

・生理学的要因

時差ボケや、仕事の労働時間が不規則で、昼夜が逆転している場合などに不眠になりやすいと言われています。やはり快眠に望ましいのは、規則正しい生活がベストと言えますね。

不眠症対策、改善におススメの私が実践したこと

①自律神経を落ち着かせるために、睡眠予定の1時間前にはテレビやパソコン、スマホなどを見るのは止める。

本を読むのは良いですね。特に少し小難しい本は効果的です。なんだこの本!難しくてよくわかんねーよって思うと眠くなるのが人間の性です。笑

 

②風呂にゆっくりとつかり、リラックスする。風呂上りもしくは就寝前にストレッチを行い、血行を良くする。

 

適度な運動をする。軽いジョギングやウォーキング、自重トレはおススメです。やはり体を疲れさせるというのは、自然に体が休憩を欲するので効果的です。

 

ベタですが羊を数える。100匹くらいで大体眠くなります。これ冗談じゃなくて本当です。一定のリズムで呼吸をするようになり、リラックス効果があるようですよ。

 

MY抱き枕を購入する。私はこれがかなり大きかったです。サッカー日本代表の長友選手が抱き枕が無いと寝れないと、テレビや雑誌で言っているのを見て、抱き枕ってそんなに良いんかなと思って買ってみたのがきっかけです。

買ってみたらすごい良いんですよねこれが。人間てフカフカのものを股に挟んだり、抱きしめて寝る態勢が寝やすいんでしょうかね。不思議です。

私おススメの抱き枕はこちら。楽天で100週1位を獲得したらしいです。



 

⑥寝なくてはいけない!と自分にプレッシャーをかけると余計寝れなくなり、ストレスが溜まります。

その時は、眠くなるまで本を読んだり、目をわざと開けて、まだ寝なくて良いしと自分に言い聞かせましょう。

これが毎日続くとつらいですが、①~⑤を実践すると私はほぼ不眠症は改善しました。でもたまに眠れない日もやはりあります。

その時は、今日は眠れない日なんだなと受け入れるんです。

じゃあ寝れないから他のことしよっかなと。とにかく寝れなくて、布団で何回も寝返りを打ってストレスを溜めるのだけは避けましょう。

 

少しでも皆さんが快適な睡眠と、快適なライフスタイルを送れれば非常に嬉しいです。