みなさんこんばんは!(^^)!

今日は、タイトルにあるように、「太らない体質になるための5つの習慣」について、記事を書いていきたいと思います(^^♪

正月太りがまだ残っている人、正月太りは解消したけど一度付いた脂肪はリバウンドしやすいのでソワソワしている人必見です!!

太ったからといって、無理なダイエット、つまり断食などを経てその場しのぎで体重を落としたとしても、内臓脂肪は残っているケースが非常に多いんです。

生活習慣から見直して、太らない、太りにくい体質に改善することが大切です(^^♪

そうすることによって、例え飲み会が続いて体重が増えてしまっても、もとに戻るのが早くなったり、しんどい思いをしなくても元に戻れるようになりますよ!(^^)!

生活習慣を改善するための5つの習慣

 

①起床後にストレッチ

ストレッチはありきたりかもしれませんが、非常に身体に良い作用をもたらします!(^^)!

ご存知の通り、血行を良くすることで、体内の血液循環が活発になり、代謝も良くなるという良い効果が得られます。

まず起きたら布団、ベッドのなかで、手足をぐーんと伸ばしてください(^^♪

早朝ランニングは、割と体に負担をかけてしまうと最近では言われているので、ストレッチ程度がちょうど良いでしょう。

 

②毎日1時間は外を歩く!

主婦の方、サラリーマンの方も何かと工夫をすれば、太陽の光を浴びながら1時間は1日のうちに歩けるはずです(^^♪

なぜ太陽の光を浴びるのが良いかと言うと、決して光合成するわけではないのですが、陽の光を浴びることは体内時計をリセットする、生活習慣を正しくリセットしてくれる効果があります!

また有酸素運動にもなるので、体内の代謝が活発になり、脂肪がつきにくい、または燃えやすい体質になります。

 

③昼ご飯は、少し遠出をする。

②の1時間以上歩くに関係していんですが、ランチを少し遠出してみましょう(^^♪

食後の運動にもなりますし、毎日ではなくて良いので、ご飯を食べに行くときはなるべく歩いていくのをおススメします(^^♪

意外に食べた後、歩くというのは健康的で太りにくい、内臓脂肪がつきにくい体質になると言われています。

 

④カフェインを夕方以に摂取しない!

仕事をしている最中、眠気に襲われてコーヒーに手が伸びてしまうこともあるかと思います。

しかし、夜カフェインが入った飲み物を摂取してしまうと、寝つきが悪くなり、体内時計が狂ってしまうこともあります。

カフェインを摂るならば、夕方までにしておきましょう。

 

⑤湯船に浸かろう!

湯船には必ず浸かるようにしましょう!

湯船に浸かると、全身の血行が促進され、寝つきがよくなり、生活習慣を正してくれます。

女性の方は、冷え症にも効果的と言われていますので、夏場でも湯船にはなるべく浸かるのをおススメします(^^♪