イップスという言葉をご存知でしょうか?

イップスとは、トップアスリートも悩まされる心の病です。といってもうつ病とはまた違います。

プレッシャーや精神的な原因により、スポーツの動作に支障をきたし、あたりまえのプレーも困難になってしまう運動障害です。

すごく分かりやすい例を言うと、元々野球が上手い人が、なんらかのプレッシャーや精神的に追い込まれる状態となり、キャッチボールも出来なくなる、つまり、相手にボールを投げるときコントロール出来なくて、ワンバウンドになったり、とんでもないところに投げてしまったりすることです。

今まで簡単にできていたことが、出来なくなるというのは本当にショックです。

野球でもイップスは有名ですが、ゴルフのパッティングや、サッカーのPK、ダーツなどもイップスの症状は分かりやすく出る競技ですね。

ゴルフのパッティングでは、これを入れたら優勝だ、というようなプレッシャーがかかる場面、手元が震え、筋肉が硬直し、自分でコントロール出来なくなるのがイップスの症状のひとつですね。

スポンサードリンク

イップスを克服するには?

イップスはなった本人からすると本当に地獄です。克服出来るというイメージもなかなか沸きにくいと思います。しかし、私は必ずイップスは克服出来ると思います。

なぜなら、私もイップスになったことがあるからです。

じゃあどうすればイップスを克服できるのか?野球を対象にお話したいと思います。

まず、自分はイップスになったと認めること。そしてイップスになったことは、神様が与えてくれた試練と割切ることから始めましょう。プロのアスリートでもイップスになるし、誰でもイップスになる可能性はあるので恥ずかしく思う事はないんです。

野球の場合では、近距離で力を加減して投げるとき、内野手のスローイング、キャッチャーからピッチャーへの返球、ピッチャーの四球を恐れての投球、トスバッティングの送球などがよくあるパターンです。すべて相手がいるパターンですよね。野球は必ず相手にボールを投げる為、相手が取りやすいところに投げるのが前提のスポーツです。

なので、イップスは相手に申し訳ない、チームに迷惑がかかるという心理的なプレッシャーから引き起こされることが多いんです。

私が考える対策は、相手に悪いと思わないこと、チームに迷惑をかけても死ぬわけじゃないしと思うことです。何を言ってんだ、と思うかもしれませんが、自分の中でそう割り切ることで意外とリラックスできるようになります。私の体験からこれは、有効です。

技術的な部分ですが、イップスになる原因は、手首が硬直して全くスナップスローが出来ていないことです。そこで有効な練習方法は、寝転がって、回転を意識して天井目がけてスナップスローで投げる練習を繰り返してみて下さい。いつのまにか、スナップスローが身につきます。

あとは、ボールを置きにいってしまうので、身体が開いて投げていることが多いです。しっかりグローブ側の腕を、壁にするように使って体が開かないようにしましょう。またテイクバックの際は、肘を肩のラインまで上げるのを意識しましょう。

コンバートという選択肢もあります。実際私も内野手でイップスになりましたが、外野手にコンバートしたことによって、イップスを克服しました。

ソフトバンクホークスの内川選手も、横浜ベイスターズ時代に内野手をしていましたが、イップスになり外野手にコンバートされ、現在の活躍に至っています。

ここで私がもうひとつお勧めしたいのは、LAS理論によるピッチング上達DVDです。

私が昔イップスになった時にも、このような分かりやすいDVDがあればと思うと、悔しくて仕方ありません・・・

LAS理論によるピッチング上達DVDに興味がある方は↓をご覧ください。



イップスは確かに精神的な要因が主ですが、精神的な要因を排除することは並大抵なことではありません。

それには練習を重ね、体にしみこませることで精神えお凌駕してやるのもイップス克服のひとつです。

むしろそのやり方は、一番効果的と言えるでしょう。

そこで大変参考になるのが、LAS理論によるピッチング上達DVDで、私としてはかなりおススメです。

イップスに苦しんだ、島袋投手がプロ入り

甲子園春夏制覇を果たした、琉球トルネードこと島袋投手が、今年のドラフトでソフトバンクホークスから指名されましたね。嬉しかったですねー。

怪我からバランスを崩しイップスを発症していると聞いていたので、どうなるかと思っていましたが、強い精神力で克服したのではないでしょうか。

島袋投手が、今後活躍することによって、イップスになっても克服することができ、プロ野球選手にもなれるということを証明してほしいと思っていましたが・・・

なんと今年のペナントレース終盤には、1軍の舞台に立つことも出来ました!

島袋投手の更なる飛躍を期待しております!(^^)!