昨年ノーベル賞を受賞した、京都大学の山中教授が2006年に発見したiPS細胞は一躍有名になりましたよね。

でもiPS細胞って、結局どんな細胞なの??

私は恥ずかしながら、スゲー細胞なのは分かるけど、どうすごいんだろう?って思っていたイタイ大人です。

そこで、色々と調べてみました!

今日は、iPS細胞とは?さらにES細胞とは?をテーマに書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

iPS細胞とは?

iPS細胞とは、万能細胞と呼ばれています。

自分の細胞の一部、つまり毛髪や皮膚から摂取した細胞をiPS細胞に変化させることで、そこから色々な臓器を作り出せるというとんでもないマンガのような細胞です。

まだ実用化はされていませんが、今まで自分の臓器がダメになったから、他人から臓器を移植してもらうしかなかったのが、自分の皮膚や髪の毛を基に、iPS細胞を経て新しい臓器が出来てしまうということです。

しかし実用化までにはまだ課題も多いようで、iPS細胞が増殖すると癌になる可能性が高まるとされているそうです。

単純に自分の細胞なので、拒絶反応などは無さそうですが、そうは問屋が卸さないようです。

一体どのように臓器に変化を遂げるのかですが、簡単に言うと、1つの細胞が何度も細胞分裂を繰り返し、多くの細胞が力を合わせて臓器になるそうです。

ES細胞とは?

ES細胞とは、「胚性幹細胞」はいせいかんさいぼうと別名いいます。

胚というのは、受精卵の初期状態の細胞の塊で、これが細胞分裂を繰り返して胎児になっていきます。

幹細胞とは、新しい皮膚や血液を製造している組織のことを指します。

この胚と幹細胞を合わせたものがES細胞です。

ES細胞は体を形作るあらゆる細胞になりえる多能性を持っています。

さらに自分のコピーを無限に作り出せる自己複製能力があります。

現在、ES細胞では再生医療の研究が進んでいます。

その一つは、脳の神経伝達物質であるドーパミンを作り出す神経細胞に誘導する研究で、これはパーキンソン病の治療に役立てられようとしているんです。

パーキンソン病とはドーパミンの分泌が不足することによって運動障害などを引き起こす病気で、ドーパミンを生み出す神経細胞は老化によっても減少していくので高齢者に非常に多い病気とされています。

すでにヒトES細胞に近いサルのES細胞から、高い確率でドーパミンを作る細胞に変化させることが研究結果として報告されていて、近い将来、治療への道が開かれるかもしれません。