花粉症のシーズンが間近に迫ってくると、非常に憂鬱になりますねー。

そう、私は重度のスギ花粉症患者なんです。(笑)まあ、笑えないんですけど。

いまでは、全国で約25%の人が、花粉症患者と言われていて、日本人の約4分の1が花粉症に悩まされているということになります。

花粉症のシーズンになると、私は鼻水が出て夜も息苦しくて寝れない、目のかゆみもひどく集中力が散漫になり、と散々な状態になります。

私のいつもしている花粉症対策は、2月上旬辺りから耳鼻科に通院し薬を服用して、シーズン中はマスクで防ぐといった感じで、おおかたの方は同じ対策かと思います。

しかし、花粉症患者に大変興味深い治療法がいま話題になっているんです。

その治療法というのが『舌下免疫療法』です。

スポンサードリンク

舌下免疫療法とは?

舌下免疫療法とは一体どんな治療法なんでしょうか。

実はこの治療法は以前からあったそうなんです。

しかし、保険の適用外で治療費が高かったため、なかなか世間で広まらなかったというわけです。

それが2014年10月を以って、保険が適用になったんです!

舌下免疫療法とは、舌の下にスギ花粉の液を滴下してスギ花粉症を治す治療法です。

いままでは、注射で体内に投与することによって免疫療法を行っていたんですが、注射による痛みのストレスや、通院負担などが課題とされていました。

そこでさまざまな研究がなされ、もっとも安全で簡易に行えるのが舌下に投与するとうことになったそうです。

投与方法は?

シダトレンという名前のスギ花粉を含むエキス(液)を舌下に滴下します。

舌の下に2分間程度そっとしておき、飲み込みます。

最初の投与は医療機関で行って、そのあとは自宅で自分で投与可能なのが嬉しいポイントですね!

ただこれを毎日行う必要があるようなのは、少し難点ですね。

舌下免疫療法の効果や費用について

気になる舌下免疫療法の効果ですが、花粉症が完治する場合もあるそうです。

今までの研究結果では、完治する場合が10~20%、かなり効果があったという場合は20~30%、効いたと感じる場合が20~30%と80%近くが、良い効果があったという結果が出ています。

費用についてですが、医療費や薬局での薬代を合わせて月に4,000円~5,000円(保険適用3割負担の場合)になるようです。

治療開始時期について

治療開始時期についてですが、11月までに開始することが勧められています。

花粉飛散が始まる直前に治療を開始すると効果がでないだけでなく、安全性にも問題があるようなんです。

なので遅くとも1月初めには開始する必要があるようですね。

花粉が飛び始めるころには開始できないので、スギとヒノキの花粉シーズンが終わってからの、6月から11月に治療を開始するのが望ましいでしょう。

長い文章をここまで読んでいただきありがとうございます。

私も来年、この舌下免疫療法にチャレンジする予定です。

参考になれば嬉しいです。