夏の暖かい時期から、秋を迎えているこの時期。とても気候的には過ごしやすい気候となっていますよね。

朝や、晩は冷え込むことも多く、秋雨前線の影響で雨の日なんかはかなり冷え込む日もあります。かと言えば、夏日かよというくらい気温が上がる日もありますよね。こういう季節の変わり目って、皆さん結構体調崩した経験ありませんか?

寒暖差が激しいこの時期に、よく耳にするのが寒暖差アレルギーです。ひと昔前までは、風邪としてひとくくりに考えられていました。皆さんも寒暖差アレルギーという言葉、聞いたことあるという方もいると思います。

寒暖差アレルギーの症状

主な症状:鼻水、くしゃみ、鼻づまり、咳、のどの痛み、イライラ、不快感、倦怠感など

特徴的なのはが出ないことです。熱が出ないのに熱っぽく、風邪のような症状なので、風邪気味なのかなあと思いがちです。

アレルギーと呼ばれていますが、アレルゲンが無いのも特徴のひとつです。なので花粉症などの症状によく見られる目のかゆみや充血、炎症などの症状は見られません。

医学的にいうと血管運動性鼻炎というそうで、その名のとおり鼻炎の症状が主な症状みたいですね。

スポンサードリンク

寒暖差アレルギーになりやすいのは女性?

寒暖差アレルギーになりやすいのは女性と言われています。

これはなぜかというと、自律神経と大きく関係しているからなんです。

寒暖差アレルギーは7℃以上の気温差によって鼻の中の粘膜が広がり、むくんだような状態になり、それによってアレルギー反応を引き起こすそうなんです。

そして先ほど自律神経に関係していると言いましたが、自律神経とは人間の体温の調整役と考えてもらったらいいです。寒い時には体温を保持するように働き、暑い時には体を冷やすように働きます。汗をかくということは、自律神経が的確に働いてくれている証拠なんですね。

そしてその自律神経がバランスを崩し始めるのが、7℃以上の気温差と言われています。

寒暖差アレルギーになりやすいのは女性と言いましたが、付け加えると日頃からあまり運動をしない成人女性がなりやすいそうです。

その理由は、普段からあまり運動をしないということは、体温を上げて汗をかくなどして自律神経機能を活性化させていないため、普段運動している人に比べ、自律神経の働きが弱いことが関連しているとされています。

寒暖差アレルギー対策は?

 やはり一番は、寒暖差をなるべく抑えることでしょう。天気予報などでこまめに最高気温、最低気温をチェックしそれに合わせた服装を選択することです。特に季節の変わり目は要注意ですね。

 また入浴は、熱湯に浸かって体を温めた方が良いんじゃないかと思われがちですが、ぬるま湯にゆっくりと浸かったほうが、自律神経のバランスに好影響をもたらすそうです。

 鼻炎などの症状が、一番うっとおしくて気になると思いますが、寒暖差アレルギーの処方薬というのはありません。市販の鼻炎薬か、症状が重い場合は病院で診察してもらいましょう。

 あとはやはり運動ですね。中には筋肉があるひとのほうが寒暖差アレルギーになりにくいという人もいます。運動を定期的にすることによって、自律神経のバランスを良好に保ち、自律神経機能の訓練にもなります。

さらに、運動はストレス軽減にも非常に効果があるといわれており、科学的にも実証されているのは皆さんもご存知ですよね。生活習慣病対策にも定期的な運動が一番とされています。まずは軽めのウォーキングから始めてみてもいいかもしれませんね。