みなさんこんばんは!(^^)!今日は2月11日の建国記念日です。

今まで普通に祭日だ!!やったぜーっていう感じで過ごしてきただけなのは、私だけではないと思います!(^^)!

建国記念日って言うけど、日本が出来た日??日本という国家が作られた日??

一体、建国記念日とはどんな日なんでしょう!?

そこで、今日はいまさら聞けないシリーズです(^^♪

スポンサードリンク

建国記念日とは

建国記念日は、日本の国民の祝日のひとつで2月11日がそれに該当します。

日本の初代天皇とされている神武天皇が、天皇の座に即位した日として祝っていた日(紀元節)が起源だそうですね(^^♪

しかし戦後まもなくGHQマッカーサーの意向で、祝日から削除されたんですねー。

その後何年か経過し、紀元節を復活させようという動きが活発になり、建国を祝す日として、紀元節から建国記念日として生まれ変わったというわけです!(^^)!

実際に建国記念日として改正されたのは、1966年に認められ、翌年から正式に祝日として現在に至るそうです!

神武天皇(じんむてんのう)とは・・・日本神話に登場する人物であり、古事記、日本書紀によれば、日本の初代天皇とされている。ただ、本当に実在した人物かどうかは定かではない様子で、伝説的な捉え方をしている専門家もいるようです。

以上のことから、建国記念日というのは、日本が出来た日、日本国家が誕生した日ではなく、神武天皇が日本初代の天皇に即位したとされる紀元節が由来ということなんですね。

まあ賛否両論ありますが、長い歴史上、天皇中心の時代が多かったことから、このような祝日があるのは驚くことではないですね。

ましてはいち国民としては、祝日が大いに越したことはありませんよね(^◇^)

アメリカでは独立記念日がありますよね!

まさしくあれが、建国記念日というイメージにピッタリかもしれませんね!(^^)!

世界の国々のなかでも、建国記念日ならぬ国家の誕生日や、独立記念日などの祝日は世界100か国以上設けているそうですよ!