皆さん11月23日は何の祝日かご存知ですか??

勤労感謝の日です。

勤労感謝の日って、文字通り、いつも勤労すなわち働いてお金を稼いでくれる人に感謝しましょうっていう祝日・・・と思われがちですが、実は他に違う意味のある日だったんです。

私はもちろん知りませんでした。よっていつもどおり皆さんにシェアしますね。

スポンサードリンク

勤労感謝の日とは

勤労感謝の日は実は、戦前は違う名前の日だったんです。

その名も新嘗祭です。読み方はにいなめさい、もしくはしんじょうさいと呼ばれています。

新嘗祭とは、農作物(五穀)が無事今年も収穫出来たことを祝う習慣(地方によっては祭りも行っていた)のことで、古来より伝統として日本にあったようなんです。

飛鳥時代(592年~710年)の皇極天皇が新嘗祭を初めて行った天皇と言われています。

よっていまでも、勤労感謝の日、つまり戦前は新嘗祭と呼ばれていた日には、天皇が皇居で新嘗祭を行い、日本の農作物の収穫を祝って頂いているというわけですね。

なぜ、新嘗祭が勤労感謝の日に名前が変わったかですが、第二次世界大戦直後にGHQマッカーサーの提案により、勤労感謝の日に変わったそうです。

そして現在の勤労感謝の日は、祝日法を基に解釈すると、私たちの日々の仕事に感謝を持つ日となっているんですね。

私が子供のときに思っていた、働いてくれている父親に感謝をする日とは少しニュアンスが違うことを初めて知りました。まあ子供の頃は、その解釈で良かったと思いますがね。

勤労感謝の本当の意味は、色々な仕事があるなかで、今日も社会のため、日本のために仕事が出来ていることに感謝を持つ日という、とても深い意味がある日だったんですね。

勤労感謝の日におすすめプレゼント

それでも、子供の時は、お母さんに今日の祝日はいつも働いてくれているお父さんに感謝する日だよって教わると思います。

じゃあみんなでプレゼントしよっかってなったら・・・

私のおすすめプレゼントを挙げてみました!

・肩たたき券

・1日FREE券(ゴルフなどの趣味に没頭しても良い券)

・ネクタイ

などなど。ほぼお金をかけずにお父さんにも喜ばれるプレゼントを挙げてみました。

実際私が、もらったら嬉しいなという思いで挙げてみました。

でも1番のプレゼントお父さんお母さんに日頃の感謝の思いを伝えてあげること、これに勝るプレゼントはありません。

私も将来、子供にいつも働いてくれてありがとうなんて言われたら、涙涙ですよ。