金融緩和という言葉、皆さん最近よく聞くことばですよね?

アベノミクスの3本の矢で、この金融緩和も政策のひとつとして盛り込まれ、アベノミクスに大きな影響をもたらしました。

金融緩和って私はニュースで目にするまで、知りませんでした。みなさんどうですか?知ってました??笑

そこで今回は金融緩和について、分かりやすく説明していきたいと思います。

スポンサードリンク

金融緩和とは?

簡単に言うと、金融緩和とは市場(世の中)にお金が出回るようにして景気を好循環にもっていけるように、政府や日本銀行がサポートする金融政策のことです。

市場にお金が出回るといっても、それが果たしてどんな良い効果があるのか、パッと思いつきませんよね?ただ空からお金が降ってくる政策ですよといわれたら、非常に分かりやすいですが。

市場にお金が出回るということは、簡単にいうと日本銀行がお札をどんどん刷ってお金を借りやすくなるということです。

景気が悪いと、銀行は会社等にお金を貸すのを渋るようになります。本当にこの会社はお金を返してくれるのかこんな不況なのに、という疑念がわくからです。

会社がお金を借りれなくなると、業績の悪い会社はどんどん倒産に追い込まれます。

そうすると失業者が増えたり、倒産までいかなくても従業員の給料が減ったりすることによって景気も後退していきますよね。

こういった負のスパイラルにならないよう講じる対策が金融緩和なんです。

金融緩和のメリット

金利が下がるので、住宅ローンや工場などを立てるさいにお金が借りやすくなる。

・金利が下がると円安になるため、輸出業が盛んになってきます。そうすると輸出業の会社が儲かり、株価が上昇し景気が良くなることにつながります。

・景気を衰退させたと言われるデフレから、物価が上昇するインフレへ移行できる。いわゆるデフレ脱却というやつですね。デフレの原因のひとつとして、日銀が市場にお金を流すのが今まで少なすぎだったとい事も言われています。

・物価が上がるか、給料が先に上がるかの議論はよくされますが、インフレになり物価が上がって、給料も上がれば、お金が世の中にもっと流れるようになり景気が好転しますね。

金融緩和のデメリット

・金融緩和をしたとしても、デフレ脱却が解消しない可能性があります。それは人口減少や給料が減っている現状からなかなか変化が難しいことが挙げられます。

・円安になることで、輸入品が値上がりする

・円安になることで、中小企業などの負担が大きくなる。

・物価だけ上昇し、給料がなかなかあがらず、家計が単純に苦しくなってしまい、国民の財布のひもがきつくなり、景気がさらに後退する可能性がある。

これらのメリット、デメリットはよく金融緩和の賛成、反対で議論させるお題です。

なかなかどれが正解なのか難しいところですよね。今回はあくまでざっくりの説明とさせて頂きました。少しでも参考になればと思います。