今日は一段と冷えるなー、日中は暖かかったのに、急に風が吹き出して寒くなったなー、なんて経験ありますよね?

秋から冬への移り変わりの代名詞でもある、木枯らし1号

急に寒くなった日のニュースでは、必ずといっていいほど気象予報士のお姉さんが「ついに冬の到来を告げる、木枯らし1号がやってきました」と言っていますよね。

本当に急に冷えるので、身体がなかなか慣れていないことから、木枯らし1号が吹くころによく体調を崩す人も多いと思います。

木枯らし1号の木枯らしってそもそもなんだ?

木枯らし(こがらし)とは、日本の太平洋側地域において晩秋から初冬の間に吹く風速8m/s以上の北寄り(北から西北西)ののことで、冬型の気圧配置になったことを示す現象である。とも表記する。

ウィキペディアより引用→

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%9E%AF%E3%82%89%E3%81%97

木枯らし1号が吹く時期についてですが、10月中旬から11月末日までの期間に吹くのが一般的とされています。その期間中に、西高東低の冬型の気圧配置のときに風速8m以上の北寄りの風が初めて吹いた瞬間が、木枯らし1号誕生の瞬間というわけです。これらが定義と言えるみたいですね。

スポンサードリンク

条件を満たしていても、木枯らし1号と発表しない時がある?

しかし、例外も中にはあるようで、10月中旬から11月末日の期間中に、風速8m以上の北寄りの風が吹いたとしても、肝心の気温が20℃を超えていて全然寒さを感じないときなどは、気象庁も木枯らし1号の発表は控えるそうです。

やはり、ニュースだけで「木枯らし1号を発表します!」と声高らかに宣言しても、実際にポカポカ陽気で、寒さを感じない日だったら、なんか拍子抜けですよね。

そういったこともあり、期間と西高東低の冬型の気圧配置時に北寄りの風速8m以上を観測したという条件に加えて、寒くなってそろそろ冬が近づいてきたなあ体感出来ることが木枯らし1号の発表条件になっているようです。

もうこれからの時期は、朝なかなか布団から出る事が出来ませんね。こたつをそろそろ買おうかなと思う、今日この頃です。