皆さんこんばんは。管理人です。

先日、友人に誘われて人生初の海釣りに行ってきました。

天気も良くて最高に気持ちいいな~と思える日だったんですが、釣りの結果はというと・・・小魚二匹のみという散々な結果に。。。

友人曰く「小潮だったなぁ~失敗した!」とブツブツ文句を言っていましたが…

小潮って何やねん!?と思い、調べてみることにしました。

友人に聞いてはみたものの友人も誰かから「小潮の時は釣れない」と言われたからという無責任極まりない回答でした(笑)

スポンサードリンク

小潮とは?どうして小潮になるの?

簡単に言うと潮の干満差の小さい状態のことを言います。

潮の干満差というのはよく聞く満潮時、干潮時の差のことです。

満潮だと海が満ちている状態で、干潮だと潮が引いている状態ですよね。

その満潮時と干潮時の潮位の差が小さい時のことを小潮といいます。

どうしてこのような状態になるかというと、それは月と太陽に関係しています。

地球の周りを月は周っていますよね。

そしてその先に太陽がありますね。

潮の干満は月と太陽の引力によって引き起こされます。

太陽と月が互いに直角方向にずれているときに潮位は小さくなり、「小潮」と呼ばれる状態になります。

ちなみに最も干満の差が小さい時を長潮といいます。

大潮との違いについて

小潮の反対が大潮です。

潮の干満差の大きい状態を大潮と呼びます。

つまり満潮時と干潮時の差が最も大きい時のことです。

月の動きに大きく関係していると先ほどいいましたが、ちなみに大潮は新月や満月の付近になると予測できます。

逆に小潮の時は月が半分の時、上弦、下限の付近と予測できます。

大潮と小潮の間の期間は中潮と呼びます。

まとめ:釣りに適している潮はどれだ?

潮は月と太陽の引力によって1日2回、潮の満ち引きを繰り返します。

若潮→中潮→大潮→中潮→小潮→長潮 という順番でまた若潮に戻ります。

今回の記事を書こうと思ったきっかけの、いつが釣りに適しているのか?ですが、釣りに適さないのは長潮で、釣りにくいとされているのは若潮、小潮、釣りに適しているのは中潮、大潮で、最も釣りに適しているのは大潮の直後の中潮です。

さらに時間では魚の餌のプランクトンの動きが活発になる早朝(朝日が昇るまで)と夕方(太陽が沈むまで)が釣りに適しているそうです。

是非ご参考にして頂けたら幸いです。