皆さんこんにちは(^^♪

今日は、熊と遭遇した時の対処法について、調べて検証してみました!(^^)!

熊に遭遇する可能性は、なかなか一般的な生活をしていると低いとは思いますが、熊の生息地として有名な北海道に旅行に行った場合、もしかしたら熊と遭遇するかもしれません・・・

最近は登山やトレッキングが流行っているので、山のなかで熊に遭遇すること可能性もぜろではありません!

最近熊に襲われたという、ニュースもしばしば目にします。

なぜ熊に襲われるのかというと、熊が餌を求めて山を下って来るケースが頻発しているようなんですね。

それでは、もし熊と遭遇してしまった場合の対処法について考えてみましょう!

スポンサードリンク

熊と遭遇した時に絶対してはいけないこと

①死んだふりをする。

これは誰もが知っている、熊に遭遇したらまず死んだふりをするっていう、もはや都市伝説的なやつですが、効果はないでしょう。

もしそれで熊が近づいてきて、触ったり舐められたりして微動だに出来ないひとがいますか?

ピクっと動いた瞬間に、襲われるのがオチです。

また本当に死んでいるのか、噛まれたり、つつかれたり(熊のつつくは人間の殴る程度の衝撃かも・・・)確認される可能性が高いでしょう。

②威嚇するために、大声を出す。

これも絶対に止めましょう。

熊は少なくとも人間に恐怖心があります。

怖くて自分や家族を守るために、襲ってくるのです。

大声を出されると、ビックリしてさらに恐怖心を与えてしまい逆効果になります。

 

③カメラを撮る。

野生の熊になかなか遭遇できないという好奇心から、シャッターを向けがちですが、非常に危険です。

熊は目に反応すると言います。

カメラのレンズは大きい目と判断し、興奮させてしまう危険性があるんです。

 

④背中を向いて逃げる。

これもご法度です。

犬に追いかけられた経験がある方はお分かりだと思いますが、動物は背中を向けて走る獲物を追いかけるという習性があります。

熊の標的にされてしまう危険性が高まりますので、背中を向けて逃げるのは止めましょう。

 

熊と遭遇した時の対象方法

①睨む。とことん睨む。

熊に自分が怖がっていると思われたら、熊は襲ってきます。

熊に舐められたらおしまいと思いましょう。

睨みながら、すこしづつ熊との距離を取っていくのが、有効です。

 

②木に登る。

熊は木登りが得意と言われていますが、案外そうではないようです。

地上では勝ち目がないため、窮地に陥ったら、木に登るという選択肢もありです。

もちろん①で逃げるのがベストです!(^^)!

③傘を開く。

傘をバッ!と開いたら驚いて逃げて行ったという話もあります。

 

④熊よけスプレーを使う。

これは効果があるかと思います。準備が大切ですね!(^^)!

 

⑤鼻を攻撃する。

これはマウントポジションを取られて、絶体絶命なときの対処法です。

鼻は熊の急所と言われています。

鼻を攻撃してひるんだすきに、どこかに隠れるか逃げましょう。