ハロウィンが終わると街は一気にクリスマスムード一色になりますね。

スーパーなどでもクリスマスの音楽が流れるようになり、店頭にはクリスマスツリーがあちこちに飾られるようになります。

私の場合、結婚し、妻と二人の間はクリスマスツリーなども飾ったりしてなかったのですが、子供が生まれてからはクリスマスらしい飾りつけをしようか、まだもう少し大きくなってからにしようかと妻は毎年悩んでいます。

沢山飾りつけられたツリーを見てはしゃぐ子供の顔が見たい!!

しかし子供が小さいうちはどれだけ投げられるか考えると恐ろしい。

悩みの種は尽きません(笑)

そこで、買おうか悩んでいる方も必見!

自分で作れてしまうクリスマスリースを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

クリスマスリースを作ろう

クリスマスになるとツリーと共によく見かけるクリスマスリース

花屋を通ると沢山の種類があり、どれもそれぞれ個性があるデザインでついつい見てしまいます。

クリスマスリースにも意味があり、「はじめも終わりもなく、永遠に続く神の愛」を輪で現しています。

魔除けの意味もあり、玄関などに吊るされるのだそうです。

では本当に簡単なクリスマスリースの作り方をご紹介します。

用意するもの(全て100均にあります)

  • リースの土台
  • 好きな色の毛糸
  • リースの飾り(花・果物・ベル・マツボックリ・鈴などなんでもOK)
  • リースの上のリボン

作り方

  1. ドーナツ型の丸い土台に毛糸を巻き付ける。(土台が見えなくなるように)
  2. 毛糸を巻いた土台に好きな飾りをつける。
  3. リースの一番上(吊るしたら一番上にくる所)にリボンを飾る。

私は100均でほとんどを購入!!

唯一買ってないのは子供が拾ってきたマツボックリの飾りです。

私でも簡単にでき、子供にも喜んでもらえてやった感アップです。

クリスマスプレゼントはいつ渡すのが正解?

24日はクリスマスイブ、25日はクリスマス。

さて、子供にプレゼントを渡すのはどっちだ?今までそんな悩みはなかったのですが、子供にあげるとなると正解が知りたい・・・

正解は25日のクリスマス!

なので、24日に子供が寝静まってから枕元やツリーなどの下にプレゼントを置いてあげるのがベストですね。

これから毎年プレゼントに悩むようになるのか~。

でも子供の喜ぶ顔が見たいので頑張るしかないですね~色々…(笑)

それでは皆様、よいクリスマスを・・・