ランクルこと、ランドクルーザーといえば、男なら一度は買って乗ってみたい4WDの王様ですよね!

私も、初めて免許を取ったのが18歳ですが、20代前半はひたすらランクルが欲しくて欲しくてたまらなかったのを覚えています。

知り合いの金持ちぼんぼんが乗っていて、一回乗せてもらったんですが、悔しいけどマジで欲しいなって思いましたねー。

結局私は、ランクルは買えずじまいでいまに至っていますが、そんな中、2014年8月25日にランクル70シリーズが再発売されたというニュースが飛び込んできました。

発売から3か月が過ぎ、売れ行きも好調とのことです。

ランクルファンである私はランクル70って、どんなランクルなんだろうという好奇心がどんどん湧いてきました!

そこで今日はランクル70について、魅力をたっぷりご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ランクル70の魅力

☝まずは動画を見て下さい!

シブい!これぞ男の中の男!ランクルの中のランクル!って感じですねー。

まず魅力なのがなんといっても、パワーです。

総排気量が公式スペックで、3.955Lもあります。

山道や険しい道も楽勝のスペックで、まさに四駆の王様って感じです。

乗り心地はというと、いまどきの乗り心地重視ではなく、どうやら昔のザ・四駆といった感じのようです。

燃料はガソリンで、燃費は約6km/L

エコカーを前面に押し出しているTOYOTAが、ここにきてよもやのリッター6kmのバリバリ四駆を発売とは、そのあたりのTOYOTAの覚悟やロマンみたいなものを私は感じますね。

1年間の限定発売のようですが、この再発売までの過程は一筋縄ではいかなかったのではないかと、容易に想像できますね。

ランクル70の魅力は、まさに車の強さである耐久性やどんな道も突き進む走破性で、「武骨」という言葉がピッタリな車です。

ランクル70はドライブデートにもおすすめ

ランクルの運転席や助手席の座席はかなり高く、身長が高い人以外は取っ手を使わないと一人では座れません。

運転席から、助手席に乗ろうとする彼女に手を自然に差し伸べられるシチュエーションになっています。

これは自然で非常にグッドなポイントでしょう!

ぜひ、狙っている子がいたら、試してみて下さいね!