正月には必ずといっていいほど食卓に並ぶもの・・・そう、お餅です。

餅つきを家族で行う家庭もあるでしょうし、なかなか普段食べないお餅は正月では必ず食べたくなりますよね。

そんなみんなから愛されるお餅ですが、毎年必ずお餅を喉に詰まらせて、亡くなってしまう方がいるのも事実です。

お餅は粘着力が強く、また弾力があり、水分が無いためなかなか口の中で一気に喉を通過させる状態に持っていくのは難しい食べ物ですよね。

スポンサードリンク

お餅を喉に詰まらせて亡くなる方で多いのは、やはり年配の方がほとんどです。

お年寄りの方は、若い人に比べ唾液の量が少なく、口内の水分が少ないため、なおさら喉に通しにくい状態で、飲み込もうとしてしまうのが原因です。

お年寄りだけではなく、小さいお子さんがいる家庭も十分に注意をする必要があります。

餅を喉に詰まらせた場合の対処法

 まず119番通報し、救急車を呼ぶ。

自分たちで、喉につまったものを取り出せるかどうか。おそらくすぐには分からないでしょう。念のため、まず救急車を呼びましょう。

救急車を呼んでいる間に、うまく取り出せれたら、そこからまた119番してもう必要ありませんと伝えれば良いのです。

救急車なんておおげさだし、恥ずかしい、自分たちでなんとか出来ると思って救急車を呼ぶのをためらうと、最悪のケースになりかねません。

 背中を思いっきり叩く!

肩甲骨と肩甲骨の間あたりを思いっきり2、3回叩きましょう。

詰まっている人で意識があると、おそらく猫背の状態になって苦しんでいるはずです。

そこで背中をたたくと非常に効果的です。

 背中側から両手を回し組み、みぞおち付近をぐっと押し上げる。

この方法はハイムリック法と呼ばれている方法で、背中を叩いてもだめな場合試してみて下さい。

かなり強制的にものをはかせる行為になるので、身体への負担も相当あります。

特に小さいお子さんには、ハイムリック法はやってはいけませんし、お年寄りにも出来れば避けてほしいやり方です。

 掃除機で吸引!

最近の掃除機は吸引力がハンパないものもあるので、案外効果的です。

ノズルを小さいものに交換して、仰向けに寝かせ、あごを上にそらせ(気道を確保した状態)て吸引しましょう。

ただし、口のなかに入れてからスイッチを押してくださいね。

さもないと、舌を吸引してしまいますから。

以上、簡単に対処法をご紹介しましたが、まず一番は詰まらないための予防ですね。

特にお年寄りやちいさい子供には、大き目の餅は厳禁です。

小さく切ったりして、詰まって気道が確保出来ないような大きさのお餅を口にいれさせないことが重要です。

せっかくの楽しい正月、お餅も美味しく頂きましょう!