喪中はがきを出す時期って、初めてのかたはいつ出したらいいのか分かりませんよね?

元々喪中ハガキを出す意味で重要なのが、「ウチは今年身内に不幸があったので、喪に服しておりますので、年賀状をご遠慮させて頂きます」的なことを、お知らせするためですよね。じゃあ少なくとも年賀状を出す前だというのは、誰でもわかるんですが、じゃあいつぐらい?ってことですよね。

スポンサードリンク

喪中はがきを出す時期

不幸があった時期にも依るんですが、10月以前に不幸があった場合を想定した場合で書かせて頂きます。

11月中旬から12月初旬まで喪中はがきは出しましょう。

なぜこの時期かというと、年賀状発売開始が11月10日あたりで、年賀状の受付開始時期が12月15日あたりに開始されるからです。早い人は12月15日過ぎてすぐ年賀状を郵便ポストにいれちゃう人も居ますからねえ。

喪中の範囲

明確なルールは無いようなのですが、一般的とされているのは二親等までです。二親等までとは、両親の一親等と二親等の兄弟姉妹、祖父母までを指します。

しかし最近では、祖父母に不幸があった場合でも喪中はがきを出さないケースも増えてきているようです。祖父母と同居している場合は喪中はがきを出すことが多く、居住環境などで出す出さないは変わっているのが現状のようですね。

また喪中はがきは大げさだなという方は、慶賀の言葉を入れない年始状を出すケースも近年増えてきています。年賀状を出さないのは気が引けるという方は、年始状を利用することが多いようですね。

喪中はがきをもらった場合の対応

喪中はがきをもらった場合の対応についてですが、世間の慣習という点で言うと、基本的にはもらったところには年賀状は控えます。

しかし、1月7日(松のうち)以降に寒中見舞い送るというケースもあります。寒中見舞いという慣習は意外と知られていませんよね。

喪中なのに年賀状をもらった場合

この場合も寒中見舞いを1月7日以降に出しましょう。

年賀状をもらったお礼と喪中のため年賀状が出せなかったことを相手に伝えましょう。