みなさんこんばんは!管理人です。

今日は久しぶりに、いまさら聞けないシリーズをお送りしたいと思います。

今日のテーマは『お彼岸です。

誰もが聞いたことはあると思うんですが、「お彼岸とは何か答えよ?」と言われてドキッとする方、案外多いんではないでしょうか|д゚)

私もそのうちの一人です。

今日は、お彼岸とはなにか?またいつの行事なのかをシェアしたいと思います!

スポンサードリンク

お彼岸とは

まずお彼岸には、春彼岸秋彼岸があります。

春彼岸は春分の日(だいたい3月21日ごろ)を中日として、その前後の3日を合わせた7日間を指します。

秋彼岸は秋分の日(だいたい9月23日ごろ)を中日として、その前後の3日を合わせた7日間を指します。

春彼岸のことを、彼岸、秋彼岸のことを、のちの彼岸とそれぞれ呼ぶこともあります。

上記で紹介した、期間にお墓参りをすると思いますが、これらを総じてお彼岸と言います。

なぜお彼岸にお墓参りをするの?

ではなぜお彼岸にお墓参りをするのでしょうか?

これは太陽に関係しているようなんです。(驚)

春分の日と秋分の日は、太陽が真東から登って真西に沈む、すなわち昼と夜の長さ(時間)が同じになる日です。

仏教の教えでは、生死の海を越えて到達する悟りの世界を彼岸といい、その反対側である私たちのいる世界は迷いや煩悩に満ちている世界とされ此岸(しがん)と言われます。

そして、彼岸は西に、此岸は東にあるとされ、春分、秋分の日のには、彼岸と此岸がもっとも通じやすくなるとされ、お墓参りをするのが良いとされてきたそうです。

黄泉の世界とこの世が一番近づくのが、春分、秋分の日という解釈が分かりやすいですかね。

お彼岸はご先祖様に感謝をする日という認識で良いかと思います。

2015年のお彼岸はいつ?

春彼岸

3月18日彼岸入り → 3月21日彼岸中日(春分の日) →  3月24日彼岸明け

秋彼岸

9月20日彼岸入り→   9月23日彼岸中日(秋分の日)→ 9月26日彼岸明け

おまけですが、彼岸花ってご存知ですよね?

なぜ彼岸花と呼ばれるかというと、秋彼岸と同じ期間に咲いて枯れていくからだそうですよ(^^♪