皆さんこんばんは!管理人です。

昨日ニュースを見ていて、「日本の和紙が、ユネスコ世界無形文化遺産に!早くて11月下旬に決定か!?」という報道を耳にしました。

世界遺産はさすがの私も知っています。日本では法隆寺や、原爆ドーム、厳島神社などなど沢山ありますよね。世界遺産は文化遺産、自然遺産がありますね。

ちなみに私は将来、世界遺産を巡るツアーを断行したいと思っています。必ず行く価値があると思うんですよね。人生観が変わるような世界遺産に巡り合えるのを今から楽しみにしている今日この頃です。

すいません、脱線しましたね。まず無形文化遺産って何だ?ってとこからなんですが、無形ということは、有形ではない・・・すなわち形の無いものですよね。

形のないものなのに、世界遺産!?って私はまず思いました。

しかし、世の中には形のないものでも、後世に伝えるべきもの、いまの生活を支えている大切なものが結構あるんですね。本当に私は世間知らずだなあと痛感しましたよ。

スポンサードリンク

世界無形文化遺産とは?

2006年にユネスコ(国際連合教育科学文化機関と呼ばれる国際社会の平和と人類の福祉の促進を目的に活動する機関)が創設したことから始まっています。

どんなものが対象かというと、芸能や祭り、後世に伝えるべき伝統工芸技術などが対象です。日本からは世界無形文化遺産21件登録されています。その中には日本の伝統文化である、歌舞伎京都の祇園祭などが登録されています。

私は無形と聞いた瞬間に、食べ物って食べたらなくなるから無形に該当するんじゃないのかなと、勘で思ったんですが、なんと当たっていたんです。

食べ物も世界無形文化遺産になっているものもあり、地中海料理など世界で4件の伝統料理が選ばれているようなんです。

伝統的な食べ物といえば、我が国日本の和食も世界無形文化遺産でしょ!?って思ったら、昨年にアゼルバイジャンで開かれた会議で、正式に登録されたそうです。

和食は世界に誇れるものですし、世界無形文化遺産に登録される事によって、もっと世界中の人々に和食の良さが伝わってくれたら、いち日本人として嬉しいですよね。

和紙が世界無形文化遺産に

和食が世界無形文化遺産に登録されて22件になった現在、さらに和紙が世界無形文化遺産に選ばれるのが濃厚みたいです。

確かに和紙の作り方って、一度テレビで見たことありますが、まさに日本の伝統文化って感じがしますよね。和紙についても、登録されたら日本人として嬉しいですね。