スーパーの果物コーナーに柿が陳列されるようになると秋だな~って感じますよね。

綺麗なオレンジ色に引かれて思わず手に取ってしまいます。

そんな柿ですが、頂きものや買ったものを食べて「しぶっっっ!!!」っていうのに当たったことはありませんか?私は先日もらった柿がハズレでした・・・

物凄く渋い…その名も「渋柿」 う~ん、ショックです。

スポンサードリンク

渋柿とは

渋柿はどうして渋いと感じるのか。それは甘柿、渋柿ともに含まれるタンニンという成分によるものです。タンニンとは渋みの成分。

甘柿ではタンニンが固まっているため口の中で溶けずに渋みを感じず美味しく食べれるのに対し、渋柿ではタンニンが固まっておらず、口の中に溶けだし渋みを感じるのです。

柿は元々全て渋柿だったのですが、突然変異により甘柿が誕生したそうです。

渋柿から渋みを抜くことができる!?お家で簡単に渋抜きする方法

焼酎を使う方法

  • 柿のヘタの木を綺麗に取り除き、焼酎をヘタ部分に塗る。
  • ビニール袋に入れて空気を抜き、袋を縛る。
  • そのまま約1っ週間前後放置。

柿はヘタの部分で呼吸しているのでヘタに焼酎を塗ることで甘い柿になるのです。

お湯を使う方法

  • 柿をビニール袋に入れ密封し、お風呂の残り湯に一晩ドボン。

以上!本当に簡単で家庭向き!!おばあちゃんの知恵のようですね。

リンゴと一緒に置いておく

  • ビニール袋に柿とリンゴを入れて密封し、一週間ほど放置。

リンゴから出るエチレンガス作用で熟成が進みます。

柿は栄養も美容もありあり

ビタミンCが豊富で一日に必要な量が柿一個(大)で接種できます。風邪予防の効果があり、「柿が赤くなれば医者が青くなる」と言われるほど。

またビタミンCにはお肌のシミ、そばかすも防ぐ効果もあるので美容の面でも注目されています。

二日酔いには柿! 柿に含まれるタンニンとビタミンCは体の中のアルコール分を外へ排出する作用があり、利尿作用もある。肝臓の働きも助けてくれます。

乗り物酔いにも柿を食べるといいのだとか。ただし、干し柿ではこれらの効果は得られませんのでご注意を。

実はもちろん、葉っぱにも栄養たっぷりで昔から健康茶などとして使われている柿。

栄養成分もたくさんあるのでスーパーなどで見かける旬の時期に是非食べたいものです。

ただし、食べ過ぎると冷えの原因にもなりますので量はほどほどに。