ついに新型アルファードと新型ヴェルファイアの全貌が明らかになる日が発表されました。

新型モデルは2015年1月26日に正式に発表されるようで、販売はおそらく2月からではないかと言われています。

予約や見積もりに関しては早くて1月の正式発表後かと言われていますが、これはまだトヨタの平社員レベルでも分からないようです。

トヨタのミニバンの王道を突っ走ってきた、アルファードとヴェルファイア。

実に6年ぶりのモデルチェンジとなりますんで、どんなモデルになるか今から非常に楽しみですよね。

トヨタの内部資料の一部がネット上に流出していて、ヴェルファイアの販売マニュアルみたいなものまで流出しているみたいです。

今日は、今の時点で分かっている新型アルファード、新型ヴェルファイアの情報をまとめてみました。

スポンサードリンク

モデルチェンジの全容

やはり1番気になるのは外装でしょうか。

今回のモデルチェンジで外装は少しワイルドな顔つきになるようです。

ピラーの部分が特徴的になっていて、新型アルファードに関しては現行のレクサスやクラウンに似ている気もします。

次に内装ですが、最近流行の低床化を取り入れているようです。

新型ノアやヴォクシーにも導入している低床化ですが、やはり車内が広く感じるのは誰しもが気分快適になれますから良いことですね。乗り心地はアップしそうです。

またスライドドアも大型化しているようです。これも他社が導入していますし、やはり乗り降りでも、気を使ったモデルチェンジと言えそうです。

文章ではなかなかイメージが沸かないと思いますので、動画をつけておきます。

 燃費はどうなの??

これが一番気になるというかたもいるかもしれません。

最近やっと原油価格も下がってきていますが、円安の進行もあってなかなかガソリン価格が下がりませんよね。

新型アルファード、新型ヴェルファイアともに2.5Lで10.8km/L→12.8km/Lと約2km/Lアップしているようです。

あくまでカタログ掲載ですが。。。

ちなみに搭載されるエンジンは現行と変わらず2.5Lと3.5Lとハイブリッドの3種類となるようです。

ハイブリッドだと燃費は20km/L行くのではという情報もあるようです。

気になるお値段予想

まあ基本的には現行と変わらないのが妥当かと思います。

2.5Lモデルで330~400万、3.5Lモデルで380~450万、ハイブリッドモデルで400万~500万といったところでしょうか。

6年ぶりのモデルチェンジということで気になる方は、最寄りのディーラーに駆け込んで、いつから予約出来るのかなどを聞いてみてもいいかもしれませんね。