皆さんは今まで、目の前で急に人が倒れて心肺停止(心臓の活動が正常では無く、停止している状態)になっている…なんて経験したことありますか?

私は実はあります。

とてもビックリしましたが、街のイベントで覚えた、心肺蘇生法が頭の片隅にあったので、実践出来たという経験があります。

私の場合は見知らぬ人でしたが、これがもし、皆さんの家族や友人、大切な人が急に目の前で倒れたらどうしますか?

何も出来ない、何も出来なかった場合、本当に後悔すると思うんです。

ですので、このブログを通じて、少しでも多くの方に心肺蘇生法を身につけてもらえたらという思いで、この記事を書いています。

一回覚えると、頭の片隅に必ずあるもんです。私がそうでしたから。

もしあのとき、見知らぬ人だとしても、何も出来なかったら一生自分の未熟さを呪っていたと思います。

スポンサードリンク

心肺蘇生法とは

心肺蘇生法とは字の如し、元々ある心肺機能を蘇らせるための方法です。

心臓は、体中に血液や酸素を運ぶポンプの役割を果たしています。

この心臓が止まってしまうと、体中に酸素や血液が循環しなくなり、人間の体は機能しなくなります。

そこでいつも心臓が脈打つように、人工的に刺激を与えて、脳や体全体に酸素と血液を無理やり送ってやるというのが心肺蘇生法です。

あくまで応急処置のひとつですが、仮に救急車で運ばれて、病院で治療を受け助かった時に、心肺蘇生法の処置を受けているかいないかで、予後の良し悪しが決まると言っても過言ではありません。

心肺蘇生法の手順

最新の心肺蘇生法では、ガイドライン2010が現在は最新ですので、それを紹介しますね。

倒れている人のそばに行き、耳元で「大丈夫ですか?」と数回言いながら、肩を叩く。

反応が無かったらすぐに大声を出し周りの人に協力を求め、119番通報し救急車を呼んでもらい、AEDを持ってきてもらう。

 AEDとは、自動体外式除細動器の略称で、倒れた人の心臓はけいれんしていることが多いので、心臓に電気ショックを与え、正常な動きに戻すための機械です。ちなみに音声ガイドがついていて、その通りに行えばだれでも簡単に扱えるようになっています。

呼吸の確認を行う。お腹と胸をよく見て、動きがないか確認します。

10秒たっても動きがない場合は、呼吸なしとみなす。

呼吸がなかったらすぐに、胸骨圧迫(俗にいう心臓マッサージ)を行う。

胸骨圧迫のやり方は、両手を組んで手首の少し上あたりの手根部で、胸の真ん中付近(乳首と乳首の真ん中付近と覚えて下さい。)を押します。

回数は30回連続で押し、深さは5センチ程度(結構強めに押します)です。

ちなみに30回は遅すぎてもダメだし、早すぎても良くありません。

1分間に100回のテンポとガイドラインはなっていますが、それってどんなテンポかわかりませんよね。

コツとしてはアンパンマンのそれいけアンパンマンの歌のリズムで押してください。

「アン、アン、アンパンマーン、やーさしい君は・・・」

のやつです。これは1分間に100回のテンポに合うんです。本当です。

心肺蘇生法の中で、この胸骨圧迫が一番重要ですので、これだけは覚えて下さい。

胸骨圧迫を30回終えたら人工呼吸です。

人工呼吸のやり方は、倒れているひとのあごを上に持ち上げ、気道を確保し、鼻をつまみ口を覆うようにし空気が漏れないように息を吹き込みます。

人口呼吸は2回を行い、すぐに胸骨圧迫30回を再開します。

この距骨圧迫30回と、人工呼吸2回がセットとなり、30:2と言われます。

ただし、見知らぬ人や、血が口から出ているなどの感染が疑われたり、身構える場合は人工呼吸はせずに、胸骨圧迫をひたすらしてください。

最近の研究結果では、人工呼吸をしなくても、胸骨圧迫を重点的にしたほうが結果が良いということが分かってきたそうです。

AEDが到着したら、まず電源をいれましょう。

そして音声のガイドに従って、手順通りに行えば大丈夫です。

ここで心肺になるのが、本当にこの人に電気ショックを与えても良いのかということだと思いますが、電気ショックが必要かどうかは機械が判断するので、そこの心配は無用です。

以上が基本的な心肺蘇生法の手順となります。

救急車が到着するまでは、周りの人と協力しながら心肺蘇生法を行います。

救急車が到着するまでに、心肺蘇生法をやるかやらないかで大きく救命率が上がります。さらに助かったあとの予後についても重要になってきます。

その理由としては、脳に酸素が行かなくなると、脳はすぐ壊死に向かっていくからです。脳は一度死んでしまうとその細胞は元に戻りません。

そうなると助かっても何らかの後遺症が残ってしまいますよね。

脳はデリケートなんです。

ですから、命を救うことが大前提なんですが、助かったあとの予後に関しても胸骨圧迫の効果は非常に大きいと言えますね。