今晩は!管理人です。寒くなってきましたねー。皆さん体調崩していませんか?

今日はタイトルにもあるように、この時期決まってよく聞く霜降について調べてみました。恥ずかしながら霜降って何?霜降りといえば、肉食の私がまず一番に思い浮かぶのが霜降り肉です。脂の乗っためちゃくちゃ美味い肉のことといえば?と聞かれたら、私は迷わず霜降り肉と答えるでしょう。しかし霜降は霜降でも全く異なる意味を持ったものがあることを知りました。

スポンサードリンク

霜降(そうこう)とは何か?

霜降とは旧暦(こよみ)9月の中気で、露から冷たい冷気の影響によって、霜が降り始める時期のことを呼びます。ちょうどいまくらいの時期です。

この時期(10月中頃)は朝や夜の気温が日中の気温と比べると、急激に下がって肌寒くなりますよね。例を挙げると、野球場の外野グラウンドは芝生ですよね。夜は冷えるなー、朝は冷えるなーと思って野球の練習をしていると、芝生が雨も降っていないのにビショビショに濡れている現象に身覚えはありませんか?そう皆さんもご存じのです。この霜が降る現象が起き始めるのが、大体10月23日~24日頃とされているそうなんです。

なんか寒くなってきたな、夏が終わりを告げ、虫の鳴く声も聞こえなくなり、霜降(そうこう)の時期が来たねーなんて言ったら渋いですよねー。こいつ、よくこんな事知ってんなーとなることは必然でしょう。

そしてこの霜降から立冬までに吹く冷たい風のことを木枯らしと呼ぶんですね。

霜降りひらたけって何?

最近よく聞く霜降りひらたけって皆さんご存知ですか?

GACKTさんのCM見たことありませんか?あーあれのことって思う人もおおいんじゃないでしょうか。ヒラタケといえばホクトですよね。長野県に本社を構える、㈱ホクトがこの霜降りひらたけを世の中に広めていっているんですね。そのCMにGACKTさんが出演し、違いが分かる男として出ています。

霜降りひらたけとは日本産のひらたけと、欧州産のひらたけを融合させた新しいタイプのひらたけだそうです。なぜ霜降りなのかというと、ひらたけの表面(かさの部分)が霜降り状の模様があることからそうネーミングされたようですよ。

筑前煮や炊き込みごはんの具材なんかに最適ですよね!私はまだこの霜降りひらたけ食べたことがないんで、ぜひ食べてみたいです。

霜降りひらたけの価格は160円~200円程度とひらたけとしては少々高価になりますが、あの肉厚はぜひ味わってみたくなること間違いなしですね。