スノボーって初心者には難しいんじゃないの?って思っているそこのあなた・・・

スノボーはコツさえつかめば、意外と簡単に滑れます。

実は私もスノボー始めたのが大学4年生の頃なので、遅めです。初めてスノボーをする前日は、不安でいっぱいでした。ちゃんと滑れるようになるんだろうか、滑れなかったら、雪だるまでも作って帰ろうかなって思ってたくらいです。

私は経験者の友人といったのですが、その友人がまた脅かすわけですよ。

リフトからまず降りれないだろうねとか、リフト降りてれてもこけちゃってリフト止めるだろうねとか。こいつ鬼かと思いましたねそん時は。

まあ幸いなことに、しっかり滑る前にレクチャーしてくれたおかげで、リフトも止めることなく、半日で滑れるようになりました。そういった体験談も含めて、書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

まず初心者が意識すること

滑り方ですが、まず一番大事なのは、膝を曲げて膝を柔らかく使うことです

膝を曲げるということは、重心を低く保つということにつながります。重心を低く保てば、バランスを崩しにくくなります。

わかりやすい例が、不安定な場所に立つとき、突っ立ちますか?突っ立ていたら、もし突風が吹いたときバランスは保てませんよね?かならず自然と膝を曲げて、重心を低くする姿勢をとると思います。

そして重心は常に体の真ん中にあるのを意識することです。

重心が前にいったりうしろにいったりすると、バランスを保つのが難しくなるためです。もちろん上達すれば重心を移動させてスピードを出したりすることが可能になってきますが、初めのうちは、とにかく重心を低く、へその辺り(丹田)に意識を集中させることが大事ですね。

まずは木の葉滑りからスタート

といっても、いきなり膝を柔らかく使うのを意識しただけでガンガン滑れるようになるかというと、ちょっと難しいと思いますので、まずはセオリーとして最初は木の葉滑りからチャレンジしてみましょう。

木の葉滑りとは、身体を正面に向けた状態から、かかとに重心を乗せて左右にユラユラ木の葉が落ちるように滑っていく方法です。まずこれで、かかと重心からの体重移動を慣れていくのをお勧めします。

言葉で説明するのはなかなかイメージも沸きにくいと思うので、雪山に初めてスノーボードを楽しみに行くかた必見の動画がありますのでご紹介しますね。滑り方はもちろん、リフトの乗り方や、板とブーツの装着方法などもわかりやすく解説してくれているので、ぜひご参考まで。

 

私から、初めて行かれるかたにひとつアドバイスです。必ず尻パッドは装着していきましょう。初めてのときは、嫌と言うくらいこけます。こけてナンボです。そんな時、尻パッドがあるかないかで心の折れ具合が異なりますので、ぜひ装着していってください。

お得なウェア上下セット(1万切るのは本当に格安!やスノボーに欠かせないアイテムの情報はコチラ

 
プロが認めた!山崎勇亀公認ウェアが上下9,990円~