みなさん明けましておめでとうございます!お正月はいかがお過ごしでしょうか?

私は食っちゃ寝食っちゃ寝の毎日で、若干お腹のあたりが重くなってきた今日この頃です。

年末年始は家族や親せきで集まったり、旧友やいろいろな方と食事したり、飲み会をする機会が多い時期ですね。とても楽しい時間だから、どうしてもよく食べ、よく飲んじゃいます。

ただ正直この時期は仕方ないんですよ。ここで遠慮してってなると、少し寂しい気がしますしね。

そこで今日は正月太りを見事にしてしまっても、それを解消する方法について私の実体験を基に、紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

正月太りの原因

・単純に暴飲暴食をしたため。

これは、誰でも分かることですが、一日の消費カロリーを上回るカロリーを摂取すると、当然太ります。

・深夜に飲み食いをしたため。

これは正月太り一番の原因です。特に22時以降に食べた場合は、確実に内臓脂肪に蓄積されていきます。

特に炭水化物や揚げ物などの脂質が多く含まれるものは、人間のエネルギー源になるものですから、それらを食べて寝ると余分なエネルギーが内臓脂肪へと変身してしまうのです。

・三食以外の間食が増えるため。

間食をすることによって、胃は休めません。そうすると胃が疲れてしまい、消化能力が落ちて脂肪に変わりやすくなります。

正月太り解消法

まず一気に体重を元に戻そうと思わないこと。

一気に落とすと、当然リバウンドしやすくなるので、太るのは一瞬ですが、痩せる場合はきちんと目標を立て、1か月で1kg減らそうとか具体的な目標を立てることをお勧めします。

適度な運動を毎日継続して行うこと。

やはり適度な運動をしたほうが、早く痩せれます。運動のレベルは人それぞれですが、毎日もしくは週6で継続出来るトレーニングを実践しましょう。

私は腕立て、腹筋を毎日20回行い、週4で2kmのランニングを行います。これが私の苦痛にはならない程度のレベルです。

皆さんも苦痛では無い継続できるトレーニングを設定しましょう。最初の設定から継続していくと、もう少しやれるなっていう自分に気づき、どんどん自分の体が変化していきますよ。

思い切って新しいランニングシューズとおしゃれなウェアを購入する。

これはすごい重要ですし、私はおススメします。おしゃれなウェアやランニングシューズを購入すると、モチベーションがすこぶる上がります。

最近ではランニングが一大ブームとなっており、おしゃれなウェアは山ほどあります。

毎晩食事前もしくは朝の空腹時に体重計に乗ること。

空腹時は体重が若干少なくなりますよね当然。これって案外モチベーションになるんですよ。適度な運動を繰り返していれば、少なからず体重も少しずつ落ちていきます。実際におっ!少し痩せた!っていうのが誰しもがモチベーションにつながりますからね。

18時以降は食べない

実際、運動をしなくても、人間この生活を続けていれば太りません。

暴飲暴食をしないというのは前提ですよ。

私も最初は運動が結構面倒でしたので、18時以降というルールだけ守っていましたが、正月太りはこれだけでもある程度解消することが出来ました。

炭水化物を減らす。

炭水化物は8割程度に減らしましょう。おかずはむしろ増やしてもOKです。

炭水化物の中に含まれる糖質というものが、脂肪の原因のひとつですので、炭水化物ダイエットは効果大です。

これらはあくまで私のおすすめダイエット法です、ぜひ参考にして頂けたら幸いです。

 

 

最後に一言。正月太りはするべきです。かけがえのない年末年始の思い出を作りましょう!