まだ四国内では新幹線が開通していないので、最短時間での移動手段は各地区によっ

て違いますが、移動手段は次の3つが主になります。

・JR特急

・高速バス

・普通自動車

スポンサードリンク

 

移動時間

まず、このタイトルにもあるとおり高松から高知市内(駅前)までの移動時間ですが、JRの場合だと約2時間半高速バスだと約2時間、普通自動車だと基本的には高速バスと同じくらいの時間で着きますが、途中の休憩や町中に入ってからバスよりも小回りが利くことも踏まえると、自動車のほうが高速バスより気持ち早く着けるかなといったところでしょうか。

 

ただ高速バスの場合は、渋滞など(高速道路での渋滞は事故渋滞以外は考えにくい、あるとしたら町中)の影響により若干到着時間が前後する場合もありますね。

 

特に高知市内は夕方混雑する確率が高いです。

 

イメージでは特急電車が一番早く着きそうなのですが、高速バスや自動車のほうが約30分程度早く着くようです。

 

JR特急、高速バス、自家用車のなかではJR特急が一番多く時間を要することが分かります。

 

価格

 

・JR特急(しまんと)

 

まずJRの電車を使用した場合ですが、乗車券2,750円+特急券指定席なし2,160円(指定席の場合は割増有りますが、指定席はとらなくても大体空席あるので大丈夫かと思います。)の合計4,910円となります。

 

ちなみに、何か割引がないのかという期待に応えるべく、お得な回数券があるので紹介します。

 

JR四国が公式販売(みどりの窓口やネットでも購入可能)している2枚と4枚回数券があるんですが、4枚のほうがお得なのでご紹介します。

 

4枚回数券の価格は合計12,000円で1枚当たり3,000円です。

 

通常料金より1,910円もお得です。これはかなりのお得感ありますね。

 

・高速バス(黒潮エクスプレス)

 

高速バスは高松駅のバス乗り場が始発となりますので、高松駅から高知駅の始発から終点までで想定した価格です。高速バスは通常料金は片道3,400円です。

 

割引は往復割引があり、価格は6,200円です。通常片道料金より600円得ですね。

 

往復割引よりもお得な回数券はJRと同じく4枚綴りで12,000円で価格も1枚当たり3,000円と、JRと同じ価格となっています。

 

まあ親会社がJRで同じなので、同価格になるのは必然と言えますかね。

 

ちなみに高速バスは学割があります。片道運賃2,720円なので学生はお得ですね。(羨ましい・・・)

 

・普通自動車

 

高松中央ICから松山ICまでを想定した価格ですが、ETC料金が3,290円となっています。ここから還元が行われますが、ここでは省きますね。

 

これにガソリン代が加算されます。

 

ハイブリッドのエコカーで仮に燃費を25km/リットルと考えると概ね600円~800円のガソリン代がかかります。

 

よってETC料金の3,290円+ガソリン代600円=3,890円程度になることが予想されます。

 

結論

 

JR特急の場合、片道最安値は4枚回数券の3,000円所要時間は約2時間30分

 

高速バスの場合は、片道最安値は4枚回数券の3,000円

 

回数券を使用しない場合は往復割引の片道分3,100円と回数券とあまり変わりありません。所要時間は約2時間

 

 

自動車の場合は、片道料金はハイブリッドエコカーで約3,900円弱で所要時間は約2時間。

 

以上のことから、私のお薦めは高速バスですかね。

高速バスHPはこちら

 

価格はほとんど変わらないがJRより30分ほど早く着きますしね。

 

あくまで、時間などは参考目安としてください。

 

ちなみに金券ショップでも、JR特急券や高速バスの乗車券は売られています。価格の相場としては、4枚回数券と大差ありませんので、ご参考まで。