本格的に寒い冬の時期になってきましたね。

寒いときはどうしても体調を崩しがちになってしまうので、体調管理には十分注意が必要です。

特に冷えは万病の元と古くから言い伝えられているとおり、風邪などの元になります。

俗に言う冷え症なども低体温の症状で、特に女性が多く、風邪を引きやすい、手の指先や足のつま先が冷えやすい、疲れやすい、妊娠しにくいといったことにつながります。

そこで今日は、現代人に多い低体温とは一体どういったものなのかをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

低体温とは

低体温とは、平熱が大体35℃台の人を指します。

日本人の平均体温は36.6℃と言われていて、37度までが体内酵素が活発に働くと考えられています。

体温が高いというのはどういうことかというと、分かりやすいのが、風邪を引くと熱が出て体温が37度や38度になったりしますよね?

体温を上げることによって、体内のウイルスを殺しているんです。

なので、体温が高いところはウイルスは苦手としているため、風邪もひきにくいということですね。

しかしこの低体温がいま、現代人にとって生活習慣病と呼ばれるほど急増しているそうなんです。

体温は免疫力に大きく関係していて、1℃下がると30~40%免疫力が低下すると言われています。

低体温の悪い影響は、免疫力が落ちて体調を崩しやすくなるだけではなく、太りやすい体質になったり、むくみやシワといった女性の天敵になりうる可能性が高いんです。

低体温の原因

一番の原因は運動不足です。

低体温の方に多いのが、末端冷え症で、血液の循環が悪いことがよくあります。

運動を定期的に行って、代謝を良くし、体内で熱を発散させることによって血液の循環を良くすることが出来ます。

といっても家事や仕事で、ジムに行ったりランニングをしたりなんて出来ないという方も多いと思います。

なので、普段の生活でなるべく階段を使ったり、なるべく多く歩くように工夫したりしてみましょう。

風呂上がりのストレッチなども、効果的ですよ。

あとは生活習慣を見直してみましょう

不規則な生活で食生活が乱れたり、偏った栄養バランスの食事などを摂っていると、低体温や肥満の原因になります。

夜遅くの食事は特に注意しましょう!

低体温の改善方法

さっき言ったように、軽い運動をしたり、食生活の見直しも低体温の改善に効果的です。

プラスアルファを言うと、体を温める食べ物を意識的に、体内に取り入れましょう。

特に熱を生成する元となるタンパク質を多く含んでいる、魚や肉、卵などは毎日適量を摂りましょう。

血液を作るレバーや、貝類小松菜なども低体温改善に効果的な食材です。

野菜では、しょうが、にんにく、ごぼう、人参、ねぎがgoodです。

玄米や豆類も良いとされています。

飲み物では赤ワインも血行を良くすると言われていますよ。